界面活性剤はよくない

界面活性剤はよくない

育毛シャンプーといえば、シャンプーの中でも洗うだけではなくプラスアルファの効果があるシャンプーなので、一般的なシャンプーに比べてもよい成分が入っていることが多いようです。もちろん、価格も一般的なシャンプーより高いですからね。

 

シャンプーをすることにより、髪の毛や頭皮の汚れを落とすわけですが、頭皮の汚れを落とすにしても、一般的なシャンプーの多くに界面活性剤が入っていることをご存じでしょうか?
アレルギー体質だったり、過敏な体質の人にはすぐに悪い成分が分かるとかいいますが、やはり人間の体にはあまりよくない成分といえるわけなので、汚れを落とす効果に優れていても使い続けることには違和感を感じてしまいます。

 

頭皮や髪の毛に悪い成分の入っていないシャンプーに変えると最初のうちは、それまで界面活性剤入りのシャンプーに慣れていたので、どうしても汚れ落ちが悪いような気になったり、頭皮が痒いということもあるようです。強力な洗浄成分が入っていないからそう思うのでしょう。しかし、頭皮や髪の毛、大きく言えば体のことを考えれば、さっぱり感が無くなってしまったとしてもシャンプーを変えて正解なのです。
もし、痒みなどが気になれば、シャンプー用のブラシを利用することにより、汚れ落ちも期待できますよ。

 

ノンシリコンシャンプーだったり、育毛に働きかけるがために髪の毛には多少の物足りなさがあるかもしれませんが、長い期間で見れば育毛効果が期待できますので、髪によい成分の入っている育毛シャンプーに変えることをおすすめします。